Microsoft Natural Ergonomics Keyboard 4000を買った

21 02 2010

Microsoft Natural Ergonomics Keyboard 4000 を買ってみて使ってみた感想

数日前にMicrosoft Natural Ergonomics Keyboard 4000を買ったので現状でのこのキーボードへの感想を述べてみたいと思う。

 

このキーボードの概説と使用状況

このキーボードはエルゴノミクス(人間工学)に基づいて設計されたキーボードで、画像の通りの傾斜やキー配置になってあり、キーボードを長時間使用しても疲れにくいデザインがとられているキーボードです。使用状況によりパームリフトが装着できるが自分の場合そんなに身長が高くないので、取り外しています。また、パームレストは革張り仕様で高級感があります。使用状況としては、買ってから3日ぐらであり、ようやく慣れてきたといった感じです。

キーボードの評価

鍵打感について

パンタグラフ方式を長年使ってきたこともあり、キーが若干重めに感じます。ゆっくり押すと押し込みはじめに少し緩やかな抵抗の山があり、そこからすっと落ち、キーの押し込み終わりにまた抵抗が大きくなるところがあるといった感じですが、自分のキーの打ち方はそれなりに力を入れて撃ってしまうので、最初の抵抗の山があまり感じられず、一定の力でどんどん落ち込んでいき、最後のところで抵抗が大きくなるといったフィーリングです。このフィーリングに関して言えば自分はそこまで好きというわけではないですが、無難な感じはします。

キー配置について

見ての通りかなり異様な配置です。最初エンターキーが押しにくいなといった感じでしたが慣れればそうでもなく、普通に文章入力する上では問題ないと思われます。ただ、いろいろなレビューを見るとスペースが引っかかるとか、Ctrlキーが小さいといったことが書かれてありますが、スペースキーは自分の場合それなりの力でキーボードを押すため特に問題は感じず、Ctrlキーに関して言えば自分の場合しっくりくるような配置になっているので、それなりの個人差はあると思います。ただ、見ての通りゲームやCAD等で、ホームポジション以外でキー入力を行う必要がある場合にはおすすめしません。キーボード自体がキー入力に特化されてあるためです。

機能性について

いろんなボタンがついてますが、基本的に自分はショートカットキーで済ませてしまうのであんまり考えることはないのですが、とりあえずキーボードをカスタマイズしたい場合はこのキーボードは非常に有用でしょう。パームレストが革張りというのは比較的良い加工だったと思います。パームレストのカーブもそれなりに考えられているのか、さすがに人間工学に基づいて作られているといった感じです。たぶん、長時間鍵打を行う人にとっては非常に優れているのではないのでしょうか。

総評

自分としては、エルゴミクスのデザインは非常によいと思います。また、パームレストもこのデザインに合っており、感じは良好。ただ、もうちょっと高くしてでも鍵打感をよくしてもらいたかったかなと言うのが実感です。

終わりに

キーボードやマウスなどのインプットデバイスは結構安く済ませる人も多いと思いますが、PCの操作性にも大分大きく関わってくるところなので、一度ぐらいは量販店のキーボードやマウス売り場に行ってみて、どんなデバイスがありどんな感じなのか見てもらえればいいと思います。





PC環境移行

24 09 2009

PC環境移行

PCを買い換えたため、PCの設定等で時間をとられていたが、環境移行がほぼ完了したので今後の予定等を交えながら、買い替えの経緯等を話したいと思う。

PC買い替えの経緯

買い替え前の状態

私が、買い換える前に使ってたPCはNEC Lavie L L900CD1Eという、ノートパソコンである。すでに3年以上使っていたため、排気能力の低下によるPCの不安定化、時間経過によるCPU・GPU・HDDの相対的な性能低下、光学ディスクドライブ・画面の不良や故障が起きていたため買い替えを考えることになった。

買い替えを行った起因的動機

主に資金的な理由である。PCを買うに必要な資金がなかったため、それなりの期間買い替えをためらってきたが、資金的な余裕ができたため、買い替えに踏み切った。それでも、予算にはある程度の制限(14万以内)がつくこととなった。

新しいPCの選定の基準

新しいPCに要求される主な考慮事項

これは以下に列挙する。

  • 予算に制限があるため、サービス等ではなく、価格対性能を重視する。
  • プログラム作成の関係上、マルチプロセッシングを考慮するため、コアの多いCPUとする。
  • 3DCG、ゲームが快適に動作可能なようにミドルエンドレベルのGPUの搭載を要求する。
  • サーバー等多くのサービスを駐留させるため4GB以上の物理メモリ。
  • パーツの追加、変更が行えるようタワーもしくはミドルタワーのPCとする。

という事項が主な考慮事項である。

PCの選定

メーカーの選定

サービス等ではなく、価格対性能を重視するため、基本的に日本メーカーは選定内に入らなかった。また、マウスコンピューターやSOTEC等の価格は低いが、性能が低いコンピューターを提供するメーカーも除外した。結局は、Hewlett-Packard(HP)かDELLからPCを買うということとなった。

機種の選定

CPUによる選別

まず、コアの多いCPUということでCore QuadもしくはCore i7という条件がついたためある程度選択される機種は狭まった。DELLからはStdio XPSとStdio XPS 435(現Stdio XPS 9000)、HPからはm9690jp、m9680jp、9190jp、9180jpとなった。

GPUによる選別

Stdio XPSの標準のGPUは購入考慮時期の8月初旬ではATIのエントリレベルのGPU HD4350というもので、カスタマイズで上位のGPUも選べたもののDELLのオプション変更が価格的に高くつくため、予算に合わないということで、ここで考慮から外れることになった。

価格による選別

Studio XPS 435は性能に関しては条件を満たしてはいたのだが、予算からわずかに上回る価格であったために、ここで除外されるということとなった。

割引サービスによる選別

8月初旬ではm9690jp、m9680jpにおいて割引サービスが実施されていた。これにより9190jpと9180jpが外れることとなった。

性能による選別

m9680jpとm9690jpは搭載するCPUが違うのだがm9680jpではCore Quad、m9690jpではCore i7であり、両方とも予算制約を満たしていたため性能の上回るm9690jpとなった。

PCのカスタマイズサービスによるパーツ等の選定

機種はm9690jpと決まり、パーツの選定となった。CPUとGPUは変えられなかったため、OS、メモリ、HDD、画面、サウンドカードのパーツ等の選定となった。

OSの選定

特に、64bitかすることに関して互換性にあまり心配のあるソフトが少ないことと、いずれ64bitに移行するだろうことを含め、OSは64bitとし、価格制約の関係でVista Home Premiumとなった。また、Windows 7への無料アップグレード権がつくことになった。

メモリの選定

CPUはCore i7 920であったのでトリプルチャンネルを生かすため3毎単位でのメモリの選定となる。そのため、選べる中では1GB3枚の3GBでは条件を満たせないため2GB3枚の6GBまたは2GB3枚と1GB3枚の計9GBか2GB6枚の12GBから選ぶことになったが、9GBだとメモリの増設時に1GB3枚が不要となってしまうので選択外となり、また直ちに12GBも利用しないと考え、2GB3枚の計6GBのメモリが選定されることとなった。

HDDの選定

HDDは基本的にボトルネックとなりやすいパーツとなるので読み書きの速度を重視した。ただ15000回転のHDDは非常に価格が高いため、ここで選定として除外された。なので、RAID0構成とすることに決めた。640GB2つと1TB2つの構成が選べたが予算の制約上1TB2つが予算外となってしまうため、640GB2つのRAIDとなった。

画面の選定

解像度を重視し、HDの画面を前提とし一番価格の安いHP 2159mとなった。

サウンドカードの選定

割引サービスによりCreative Sound Blaster X-Fi Audioが安価に選択できたため、これを選定することとなった。

購入したPCの最終的なスペック

以下の表のとおりとなった。

パーツ名 スペック
メーカー HP
機種 m9690jp
OS Vista Home Premium
CPU Core i7 920 2.66GHz
メモリ DDR3-1066 2GB×3
HDD 640GB×2 RAID0構成
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
GPU GeForce 9800GT
サウンドカード Creative Sound Blaster X-Fi Audio
画面 HP 2159m(1920×1080 21.5型)

今後の予定等

とりあえずは、3DCGの製作には非常に快適な環境になり、またメモリの消費が大きいIDE等も非常に快適に動くようになった。できれば、いろいろスペックが改善されたので、少し性能の要求するアプリケーション等を作ってはみたいものの、何を作るかは不定ではある。





自分の好みのコーヒー

27 04 2009

自分の好みのコーヒーについて

動機

たまたま今日食堂でコーヒーを飲んでみたが、到底好きには慣れない味だった。食堂にしては安かったので、それ相応ということなのだろうが。なので、今回自分の好みのコーヒーについて書くことにした。ただ、動機として先ほど述べたことだけではなく、ブログをあまり書いてなかったことも動機の一つとしてあげられる。実際にはあまりこういう記事を書くつもりはなかったのだが、あまりにも話題に乏しい自分では、なかなか記事を書くことがないので、アウトブレイクとして受け取ってもらえればなと思う。

まず、一般的なコーヒーの味について述べ、その後に、自分の好みを書くことにした。

コーヒーの味について

一般的にコーヒーの味を左右するものと言えば、次のような要素があげられる。

  • 苦み
  • コク
  • 酸味
  • 香り

まあ一般的にこれらのことは文字を見ればわかるので深い説明はいらないだろう。

代表的なコーヒー豆の味

主に味に関してはhttp://coffee.ajca.or.jp/library/guide/more03.htmlのところからの引用である。ことに注意されたい。それに併記して自分の好みも合わせて書く。自分の場合好みが特殊なので、あくまで筆者自身のみの意見としてとらえてほしい。

モカ

独特な香りとまろやかな酸味。苦みは比較的少なく、コクはまあまあ。香りも良い。

自分の場合は毎日大量のコーヒーを飲み濃いめのものを飲むので、酸味がきつく多く飲めないので好みではない。また、砂糖、ミルクを入れるのでコクと苦みがまあまあなコーヒーにはあまり好ましいことではない。

キリマンジャロ

豊かな酸味と甘い香り、上品な味わいがある。

酸味に関して言えば同上。香りはおいしいのだが、あまり多く飲めない。

ブルーマウンテン

香りが非常に高く繊細な味。よく調和がとれている。

率直な感想。高いが、おいしい。総合力で勝負。

マンデリン

深いコクとなめらかな苦み酸味のバランスがよい。

豆の焙煎状況と自分の飲み方には合ってないのかもしれないが自分には飲めない。酸味と苦みがきつすぎた。

自分の好み

基本的にインスタントは全て×。インスタントの場合は自分の飲み方では大概苦みだけで、香りもコクも酸味もない。ちょうど食堂で飲んだものと同じ感じのもの。

大概の場合ペーパードリップのコーヒーを飲む。煎り方は深煎り。基本的にほとんどの場合ブルーマウンテンは例外として、ブレンドものを飲む。自分の場合は、香りはそこまで大きな判断要素ではないが、後味に酸味が少ないこと(口に含んだ時の酸味はよい。むしろ歓迎)、ある程度の苦みと深いコクがあることが豆選びの前提になる。砂糖とミルクを入れるので、合う豆がなかなか無いが基本的にブレンドものとなることが多い。

最後に

自分自身砂糖とミルクを入れるので邪道かもしれないとよく思っている。ただ、非常にコーヒー好きなのでそこのところはわかってもらいたい。

皆様方も良いコーヒーライフを。