点光源の光の減衰

26 10 2011

光の減衰の計算は簡単だが

光の減衰は計算上非常に簡単なもので距離の逆二乗で減衰するので。

光の強さ=点光源の光/点光源からの距離^2

となるが減衰速度が速すぎるときは

光の強さ=点光源の光/(点光源からの距離+任意の値)

ともするようです。

と、計算は簡単なのですが。

これをR,G,Bに投影するときにほとんどの場合値が 大きすぎる/小さすぎる と言うことになるので、光の強さ*a+bとしてきちんと補正してあげないといけなくなってくると。

aとbは画像全体の光の強さ測定して適当に決めてやらないといけなくなってくるので、計算上としてはこっちの方が面倒か。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。